KJ HOME JOURNAL KJホームジャーナル

家を建てるのに条件がある!?建築条件付土地ってなに?

  • KJホームジャーナル

建築用語は難解です。家を建てようと雑誌やネットで土地を探しているときに、「建築条件付土地って何だろう?」と思ったことはありませんか?
建築条件付土地が何なのかを知っているかいないかで、土地選びの基準は大きく変わります。この機会にぜひ知っておきましょう。

■建築条件付土地とは

建築条件付土地とは、「土地と家を建てる業者がセット」になっている土地のことです。
土地の購入から一定の期間内に設計を決めて工事をはじめる必要があり、指定された業者以外は選べません。

一見すると良いのか悪いのかわからないと思いますので、建築条件付土地のメリットやデメリット、どういう注意点があるのかをまとめます。

■建築条件付き土地のメリット・デメリット

建売住宅を既製品、注文住宅をフルオーダーとした場合、建築条件付土地はいわばセミオーダーで家を建てる方法です。どのような家が欲しいのかによって、建築条件付土地はメリットにもデメリットにもなり得ます。

・メリット
メリットはゼロから家の設計に悩まなくて良いことです。
指定されている業者によって可能なデザインや間取りがある程度決まっているため、選んでいくだけで家の全体像を決められます。
選択肢が限られているぶんゼロから考えるよりも時間の短縮ができるのです。
仕様の範囲内であれば間取りなどを好きに変えられるため、選ぶ楽しみもあります。

建設業者選びも必要なく、土地を買ってから工事が始まるまでがとてもスムーズです。

・デメリット
デメリットは、上記の反対で家の設計を自由に選べないことです。
どうしてもこのハウスメーカーでなければいやだ、指定されている建設業者のつくる家が気に入らない、といった場合もほかの業者に頼むことはできません。

また、一定期間内に建設をはじめることが条件になっているため、おおよそ3ヶ月設計を決められないと契約が白紙に戻ってしまうという点で注意が必要です。

そのため、土地を手に入れてからデザインや間取りをじっくり考えたい、という人には不向きです。

■建築条件付き土地を購入する際の注意点

建築条件付土地は家を建てることもセットで販売されています。家の建築で利益が出せる分、良い土地が安くなっていることも少なくありません。

しかし、建築条件付土地について知らずに土地を契約してしまった場合、設計を思ったより自由に決められず落胆する可能性もあるため、注意が必要しましょう。

■まとめ

建築条件付土地は、家の設計にどのくらいこだわりたいかで評価が分かれます。

もし、良い家さえ手に入れば問題ないなら、好条件の土地に短期間で住宅の構想を決めて家を建てることができる建築条件付土地は決して悪い選択肢ではありません。
大切なのは、購入した土地と建てた家に満足することなのです。

家選びに何を重視したいのか、改めて考えてみましょう。

Information お知らせ

  • 2021.04.26

    OWNERS STAGE 広岡谷は完売しました。

    OWNERS STAGE 広岡谷は、おかげさまで完売となりました。 ご契約ありがとうございました。 ...

    more
  • 2021.04.16

    OWNERS STAGE 上大谷Ⅲ【新規分譲開始】

    OWNERS STAGE 上大谷Ⅲの新規分譲を開始いたしました。 詳しくは分譲地情報をご確認ください...

    more
  • 2021.03.05

    定休日変更のお知らせ

    平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。 この度、弊社では2021年3月より定休日を...

    more
  • 2021.02.15

    OWNERS STAGE 石田内里町は完売しました。

    OWNERS STAGE 石田内里町は、おかげさまで完売となりました。 ご契約ありがとうございました...

    more
more

Instagram インスタグラム

MENU